2017年01月24日

角田信朗と松本人志との共演NG問題、どちらが悪いのか?

Downtown
Downtown / Roebot


1/22のフジテレビ・ワイドナショーにて松本人志氏が角田信朗氏との共演NG問題に言及しました。
双方の主張が出揃った上で、一体どちらが悪いのでしょうか。

IPPONグランプリ15 [ 松本人志 ]

価格:2,557円
(2017/1/22 23:54時点)
感想(1件)




話の経緯を三行にすると、

・8年前に日テレ系の番組で、松本氏から角田氏にレフェリーとして出演を依頼した。
・角田氏は一度は快諾したが、収録二日前にドタキャンした。
・それ以来、角田氏は松本氏から共演NGされている。


と簡潔にまとめられ、角田氏のブログを見て肉付けしてみると、
・大好きな松本氏にオファーを受け舞い上がったが、格闘技の判定・審判に物議があった時期で、
改めてK-1イベントサイドに報告すると、自粛してほしいと伝えられた。
・それから何とか松本氏にこのことを説明したかったが、一度も会わせてくれなかった。
・数年後に番組に呼ばれたが、なぜか直前で松本氏から断られた。

こんな感じだと思います。

ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと - ウェルエイジング日記 角田信朗オフィシャルブログ

それに対して松本氏から言及されたことは、
・衣装も用意していたのに収録2日前のドタキャンされて、収録自体が中止(延期)になった。
・共演者やスタッフにも迷惑をかける事態になったため、共演NGというより吉本興業や日テレレベルの問題。
・なぜ8年も経って突然批判してきたのかわからない。

というものでした。

双方の意見を聞いた印象だと、
角田氏のほうが悪かったんじゃないかなーと思いましたね。

角田氏のブログには、謝る対象は松本氏のみで
共演者やスタッフへの迷惑のことは一切記載されていませんでしたね。

スケジュールを開けていた出演者は突然キャンセルになれば納得いかないだろうし、それによって
出演者やもっといえば所属している会社も損害を受けます。
テレビ会社のほうも、日程を組んで用意していた小道具大道具構成音声証明その他諸々を
もう一度組みなおさないといけないし、そこにかかる人件費も馬鹿にならないでしょうね。
そこを考えると松本氏の言うように共演NGなんて軽い話じゃないのは頷けます。

角田氏に求められていたものは「芸人だらけの場で、ガチなレフェリー」というもので、
確かにそれに合致するイメージの人って、角田氏しか考えられないですよね。

普通の番組であればドタキャンに対しても代役は可能なケースはあると思いますが、
これだけ条件が細かいと収録2日前に適材を見つけるというのはまず不可能ですね。
どう考えたって急すぎます。

結局、その後レフェリーは関根勉氏が代役で入ったようですね。
その経緯を知らないと「何故?」となりそうですが、他に思い当たる人って他にいませんね。

当時角田氏は、「松本氏に不快な思いをさせた」それくらいの問題だと思っていたようですが、
本人の知らないところで他の会社を巻き込んだ大きな溝が出来ていたのですね。

そして1/23の午後、角田氏のブログには「謝罪」というタイトルで
今回の経緯について全面的に非を認める投稿をしています。

本文を読む限り、松本氏の発言を聞いて、初めて事の大きさが分かったという風に読み取れますね。

既に2人を中心に大きく出来ているわだかまりは、修復不可能なくらい澱んでしまっていますが
今回の件で問題が周知されたことによって、改めて問題が掘り起こされて解決に向けて進み、
いつか2人の共演ができる日が来るといいですね。



【送料無料】戦国パチンコ「CR花の慶次」ベスト・アルバム/角田信朗[CD DVD]【返品種別A】

価格:2,835円
(2017/1/24 07:08時点)
感想(10件)



 


■■■気になるニュース、話題 TOP■■■





posted by news at 07:10 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...