2016年12月01日

次の元号は何になる?過去の傾向や条件から640字の中から予想してみました。

Kanji character.
Kanji character. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)


天皇陛下の生前退位案が大きな話題となりましたが、
もしそれが現実になるとすると、気になってくるのは平成の次の元号ですよね。
ここでは、ここ最近の元号である「明治」「大正」「昭和」「平成」から
ルールを見つけ出し、次の元号を予想してみたいと思います。

元号でたどる日本史 [ グループSKIT ]

価格:864円
(2016/11/29 07:14時点)
感想(0件)





まず、「明治」「大正」「昭和」「平成」
これまでの元号から考えられる一定のルールを羅列していこうと思います。

@小学四年生までに習得する常用漢字

A漢字一文字の画数が9画まで

Bイニシャル

C漢字に断定的な意味を持たず、前向きな言葉

D読みは5文字まで、漢字は2文字

E同じ漢字は使わない(?)



こんなところだと思います。
ひとつひとつ解説していきます。


@小学四年生までに習得する常用漢字

老若男女誰もが毎日のように書く元号は、間違いなく常用漢字であり、
尚且つ比較的早いうちに習う漢字を使う可能性が考えられます。

これまでの元号を見ても、
明 ← 二年
治 ← 四年
大 ← 一年
正 ← 一年
昭 ← 三年
和 ← 三年
平 ← 三年
成 ← 四年

と、小学四年生までには習える漢字を使っていました。

よって次の元号も、四年生までに習う漢字から選ぶ可能性が非常に高いと考えられます。

学年別漢字配当表 - 文部科学省

たまにネットで「安久」説が流れますが、久は小学五年生に習う漢字なので、
このルールからだと除外されますね。(四年生になんの根拠もないが…)




A漢字一文字の画数が9画まで

漢字はその性質上、一文字書くのに非常に時間のかかる文字です。
元号ともなれば、日本中で一日に何万回と書くシチュエーションがあるため、
なるべく画数の少ない簡単な漢字というのも大事な要素になってくると思われます。

これまでの元号を見ても、
明 ← 8画
治 ← 8画
大 ← 3画
正 ← 5画
昭 ← 9画
和 ← 8画
平 ← 5画
成 ← 6画

と、一番画数が多くても9画が最高でした。


Bイニシャル

これまで幾度となく色んな用紙に生年月日を書いてきた中で、
元号が「 M / T / S / H 」で表記されているのを見たことはありませんか?
明治/大正/昭和/平成 の頭文字を取ったイニシャル表記ですね。
エクセル等で生年月日を一覧でまとめる際も、MTSHを使うケースが多々見られます。

次の元号も、これまでのイニシャルに被らないようにする可能性が考えられます。

すると残ってくるイニシャルは
A I U E O K G S Z T D N H B P M Y R W

となります。
2016年現在で明治(1868-1912)生まれの方までが多数存命ですので、
除外されるイニシャルは明治のMまでとします。


C漢字に断定的な意味を持たず、前向きな言葉

これは当然のことですが、元号に否定的な意味が連想されるものが使われることはありません。
これは明治以前の元号を見ても同じですね。
そして、「雨」「花」などその一文字で固有名詞となっているのものは避けられているものと考えられます。
更には漢数字(過去に万の使用はあるが)や、熟語になったときにあまり意味をなさない言葉(「昨」とか)も除外します。
過去の元号を見ても、一番固有名詞っぽいものでも「宝」「亀」といった
これでもかという程、縁起の良い言葉を使っていますね。
近代からは、幅広い意味が連想出来て、且つ前向きな言葉とされるものが使われる傾向があるようですね。


元号一覧(日本) - Wikipedia



D読みは5文字まで、漢字は2文字

これまでの元号と江戸以前の元号をさっと一覧で見ても分かりますが、
そのほとんどが漢字二文字・読み3〜5文字(稀に6文字)となっております。
まあこれは普通に漢字を当てたらほとんどそうなりそうですけどね。

まさかここになって突然 一文字や三文字などにはならないでしょう。


E同じ漢字は使わない(?)

これはかなり弱い論ですが、明治以降の元号では被っている漢字はありません。
よって次の元号にもこの8文字を除外した漢字が当てられると考えられます。

・・・しかし、明治の2つ前の元号では、「元治(げんじ)」の元号が使われています。治が被ってますね。
近代にあたる明治は、江戸からリセットしていることも考えられますが、ちょっと説得力ないですね。


以上6つの条件から、元号に使われそうな漢字 をピックアップしていこうとおもいます。

さきほどの学年別漢字配当表 - 文部科学省から四年生までの漢字で除外していくと・・・・


一 右 雨 円 王 音 下 火 花 貝 学 気 九 休 玉 金 空 月 犬 見 五 口 校 左 三 山 子 四 糸 字 耳 七 車 手 十 出 女 小 上 森 人 水 正 生 青 夕 石 赤 千 川 先 早 草 足 村 大 男 竹 中 虫 町 天 田 土 二 日 入 年 白 八 百 文 木 本 名 目 立 力 林 六
引 羽 雲 園 遠 何 科 夏 家 歌 画 回 会 海 絵 外 角 楽 活 間 丸 岩 顔 汽 記 帰 弓 牛 魚 京 強 教 近 兄 形 計 元 言 原 戸 古 午 後 語 工 公 広 交 光 考 行 高 黄 合 谷 国 黒 今 才 細 作 算 止 市 矢 姉 思 紙 寺 自 時 室 社 弱 首 秋 週 春 書 少 場 色 食 心 新 親 図 数 西 声 星 晴 切 雪 船 線 前 組 走 多 太 体 台 地 池 知 茶 昼 長 鳥 朝 直 通 弟 店 点 電 刀 冬 当 東 答 頭 同 道 読 内 南 肉 馬 売 買 麦 半 番 父 風 分 聞 米 歩 母 方 北 毎 妹 万 明 鳴 毛 門 夜 野 友 用 曜 来 里 理 話
悪 安 暗 医 委 意 育 員 院 飲 運 泳 駅 央 横 屋 温 化 荷 界 開 階 寒 感 漢 館 岸 起 期 客 究 急 級 宮 球 去 橋 業 曲 局 銀 区 苦 具 君 係 軽 血 決 研 県 庫 湖 向 幸 港 号 根 祭 皿 仕 死 使 始 指 歯 詩 次 事 持 式 実 写 者 主 守 取 酒 受 州 拾 終 習 集 住 重 宿 所 暑 助 昭 消 商 章 勝 乗 植 申 身 神 真 深 進 世 整 昔 全 相 送 想 息 速 族 他 打 対 待 代 第 題 炭 短 談 着 注 柱 丁 帳 調 追 定 庭 笛 鉄 転 都 度 投 豆 島 湯 登 等 動 童 農 波 配 倍 箱 畑 発 反 坂 板 皮 悲 美 鼻 筆 氷 表 秒 病 品 負 部 服 福 物 平 返 勉 放 味 命 面 問 役 薬 由 油 有 遊 予 羊 洋 葉 陽 様 落 流 旅 両 緑 礼 列 練 路 和
愛 案 以 衣 位 囲 胃 印 英 栄 塩 億 加 果 貨 課 芽 改 械 害 街 各 覚 完 官 管 関 観 願 希 季 紀 喜 旗 器 機 議 求 泣 救 給 挙 漁 共 協 鏡 競 極 訓 軍 郡 径 型 景 芸 欠 結 建 健 験 固 功 好 候 航 康 告 差 菜 最 材 昨 札 刷 殺 察 参 産 散 残 士 氏 史 司 試 児 治 辞 失 借 種 周 祝 順 初 松 笑 唱 焼 象 照 賞 臣 信 成 省 清 静 席 積 折 節 説 浅 戦 選 然 争 倉 巣 束 側 続 卒 孫 帯 隊 達 単 置 仲 貯 兆 腸 低 底 停 的 典 伝 徒 努 灯 堂 働 特 得 毒 熱 念 敗 梅 博 飯 飛 費 必 票 標 不 夫 付 府 副 粉 兵 別 辺 変 便 包 法 望 牧 末 満 未 脈 民 無 約 勇 要 養 浴 利 陸 良 料 量 輪 類 令 冷 例 歴 連 老 労 録

↓ (イニシャル制約有り一文字目) A I U E O K G Z D N B P Y R W

円 気 文 立 活 京 元 工 公 広 交 合 台 万 来 安 委 央 化 界 究 宮 研 向 幸 持 実 受 住 全 代 倍 発 表 部 由 有 予 以 衣 位 栄 加 改 各 完 官 希 季 紀 求 共 協 型 建 功 告 司 仲 伝 努 牧 要 利 良

↓ (イニシャル制約無し二文字目)

円 気 天 文 立 会 活 京 元 原 工 公 広 交 合 作 思 多 太 台 地 知 直 万 来 安 委 央 化 界 究 宮 研 向 幸 仕 使 始 持 実 主 守 受 住 世 全 相 送 待 代 定 倍 発 表 部 由 有 予 以 衣 位 栄 加 改 各 完 官 希 季 紀 求 共 協 型 建 功 告 参 氏 史 司 周 祝 初 信 卒 仲 兆 典 伝 努 必 付 府 包 法 牧 約 要 利 良


抜けきれていないのもあると思いますが、大体100文字ちょっとには絞りました。


ここからはイメージと直感で十文字まで選んでいこうと思います。
元号に使われそうな字を選んでいくと・・・・

公 栄 安 伝 天 文 元 共 代 利


文栄
共文
安利
元安
公文
伝栄
 …などなど

↑を考えていて思いましたが、「利」「代」などの一文字って組み合わせにくいですね。

そして
この中でも「栄」「安」「天」なんかは連想される意味も字画も簡単で、使われやすいんじゃないかなと思います。

栄安
栄天
安栄
天栄
天安


…天安はとある言葉が連想されるので無さそうですね。笑
もしかしたらこの中から次の元号が当たるものがあるかもしれませんね。


元号は日本国民にも何十年と深く関わってくる呼び名であるため、今後どうなるのかとても気になりますね。
どんな元号でも最初は戸惑うかもしれませんが、新しい時代を代表する名でもあるので大事に使っていきたいですね。

早ければ平成三十一年は新元号になるかもしれないと言われています。
今後の生前退位のニュースに目が離せませんね。




↑「平成」の発表は、崩御の悲しみが癒えぬ間に目まぐるしい速さの中で行われましたね。
次の元号発表の際には、皆が笑顔で迎えられたらいいですね。


 


■■■気になるニュース、話題 TOP■■■





posted by news at 23:42 | Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...