2016年07月06日

わいせつ東大生ニュースで、個人的に感じた女性への疑問点。

Tokyo University
Tokyo University / James Willamor


サークルの飲み会に参加した女性を全裸にし、胸を触るなどしたとして、強制わいせつの罪に問われている東大生の男の初公判が開かれた。

検察側は「サークルはわいせつ行為が目的の会」だったと指摘。悪質な実態が明らかになった。


DVDつき!東大式タネなし手品 [ 東京大学奇術愛好会 ]

価格:1,490円
(2016/7/6 01:11時点)





東大生のわいせつ事件と目を引くものもあり、一時的にyahooアクセスランクが1位になってましたね。
ツイッターでも多くの関心が寄せられています。












最後のツイートにもあるように、女性にも気があったのではないかという意見もちらほらあるようです。
ニュース映像を見て私も、その気があったとまでは言えませんが、気になる点がいくつがありましたね。

まずは現場となった場所はマンションの一室なんですよね。
盛り上がった(?)飲み会の二次会とはいえ、初対面(恐らく)の人達のマンションに行くという行動に驚きました。
女性一人だったのかどうかはわかりませんが 仮に、男4人の中で女性一人でマンションで二次会とどう考えても危ないシチュエーションに着いていったことに疑問はなかったのでしょうか。

※初対面と推測するところは、「東大のサークル飲みだと言われて参加した」の被害者調書の一文からです。


そしてその二次会で 女性の服を脱がせ とありましたが、私の勝手な考えだと、正直ここまではほとんど合意の上だったのではないでしょうか・・・
なぜなら今回のニュースで報じられている容疑に、監禁とかそういった類のものがないからです。
概要を見ても、逃げようとする女性を閉じ込め・・・とかそういった文は出てませんでした。

「断れない雰囲気」「酔った勢いで」「ノリが悪くなる」とか現場では色々あったんでしょうが、
本気でイヤだったらどんなこと言われても思われても服なんて脱ぐわけないでしょうし、
脱がされそうになったら必死の抵抗するでしょう。警察にすかさず電話もするでしょう。

それが書かれていなかった、ってのは女性はその気はあったと捉える人も少なからずいるんじゃないかなと感じました。

それを更に強めるのが最後に流れる被害者調書の一言、
「笑いながら誰も止めようとしなかった。やったことが最低なのが許せない。」
です。
ここまでの文を踏まえた上で読んでみると少し違和感の残る文ですよね。
その先まで言葉にしていないだけなのかもしれませんが、逃げる気はなかったのか。と感じてしまいました。


今回の事件では、服を脱ぐところまではその気はあったものの、
熱湯入りカップラーメンを胸元に落とされる とか 背中を何度も叩かれる とか
誰がされても怒る(というより犯罪)ことを受けて、起訴まで至ったんじゃないかなと思います。

裏を返せばその気の通りに進んだら、明るみにもならなかったんじゃないか・・・という推測です。
一体何が楽しくてラーメンを落としたり、ドライヤーの風をあてたりしてたんでしょうね・・・

東大生の不祥事はこれまでも何度も報道されていますが、
一様に思うのは、せっかく頑張って入学したのに全てがパーになって勿体無いということです。
東大生自体が毎年とても多く、分母が多いためそのように印象付いているだけかもしれませんが、
東大というレールを脱線して横転していく人が、毎年のようにたくさんいることがやるせないですね。

酒は飲んでも飲まれるな、くれぐれもハメを外さないように心がけていきたいですね。

 


■■■気になるニュース、話題 TOP■■■





posted by news at 02:16 | Comment(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...